読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に好き

 あのアーティストが好きなんだよねっていう会話をよく耳にする。そしてどの曲が好き?と聞くとなになにが好きって言う。でもその答えはだいたい有名なシングル曲。そして有名なシングル曲の3曲ぐらいしか知らない。アルバム名聞いても何それって言う。

  僕は思ってしまう。本当好きなのか?

  

 そうやって言っている人は人に対しても外見を軽く見て好きって言って内面をしっかり見てないんじゃないかって思う。僕の音楽に対する感覚がおかしいのかもしれないがとりあえず僕の感覚で書いてみる。 

 

 好きなアーティストを聞かれたら最低限全アルバム持ってて沢山聴きこんでていて
歌詞を自分なりに解釈したり疑問をもったりする。それで初めて好きって言えるのだと思う。シングルだけでは満足してほしくない。アルバムをもっと重要視してほしい。

  

 僕は曲だけではなくそのもの全てを好きになることがよくある。例えば世界の終わりなどはボーカルの深瀬が中学生の時にリンチにあって外国に留学したけど記憶がなくなって世界の終わりと思ったときにバンドに出会って夢を叶えていくっていう一連の流れから好きになっていく。

  いろんなインタビューを読んだりしてバンドそのものを好きになっていくそうやってから改めて曲を聴くとさらに考えさせられる事があるみんなもこうやって音楽を聴くの楽しいよ!!


 って言いつつ音楽は自由に解釈して自由に楽しめばいいとも思っている。あくまでも僕の音楽の聴き方だからみんな自由に音楽を楽しむぞ!!

 

音楽:RADIO GIRL/ハンブレッダーズ